メディア集客の大事なところ!記事下CTAのデザインを改善しよう。

メディア集客の大事なところ!記事下CTAのデザインを改善しよう。

ブログメディア集客で重要な記事下CTAを改善しよう。

弊社のように小さな企業の場合、WEBからの集客は生命線です。
特に制作事業に関しては、WEBからの集客に大きく依存しています。

そんな企業がブログ集客を行う場合、大事になってくるのがCTAのデザインです。
中でも記事直下のCTAエリアは、訪問者にアクションを起こしてもらう上で最も重要です。
なぜなら一般的に記事下以外のエリアは意識の外に出てしまい、ほとんどの訪問者に見てもらえないからです。

Sponsored Link

当然訪問者にとって役立つ記事(コンテンツ)ありきの話なのですが、記事に一定の流入がある場合、CTAのデザインを最適化する価値は大きいです。この記事では、参考にしたい複数メディアの記事下CTAのデザインを集めました。上手なデザインを参考にすれば、あなたのサイトのコンバージョン率も改善するかもしれません。

改めてCTAって何?

まず改めてCTA(コールトゥアクション:行動喚起)について復習しておきましょう!

ビジネスで行うブログやメディア運用には、見込み客の育成や獲得といった目的が必ずありますよね。

そのためには段階を踏んで訪問者にとってほしい行動(白書のダウンロード・資料請求・お問い合わせなど)があります。CTAとは訪問者に次にとってほしい行動を促し誘導すること、または誘導を目的としたボタンやバナー画像などのことをいいます。

例えばこのスタッフブログの場合、検索からたどり着き記事を読んでもらい(SEO)、問題を解決し信頼を獲得し(ファン育成)、フォームや電話でお問い合わせをいただく(コンバージョン)というのが、目指すべき流れになっています。

そのために設置されたサイト内のボタンやバナー、クリッカブル領域などがすべてCTAといえます

当サイトの記事下CTAエリア


BLOG|ビリオンプランのスタッフブログ、大阪中央区で更新中。

画像は当サイトの現時点での記事下CTAエリアですが、以下の点を意識してデザインされています。

  • トーン&マナーから逸脱しても目立たせる。
  • ボタンのラベルに付加価値を加える。
  • こまめにチューニングし必ず検証を行う。

ボタンは当初トンマナを意識し、水色(リンクカラー)を採用していましたが、多少デザインルールから逸脱しても効果がありそうな色(緑やオレンジ)を検証し、彩度の高いオレンジに落ち着きました。またサイト内で影のある要素は使っていませんが、CTAボタンについてはルールから外し、立体的なボタンを採用しています。トンマナを意識しすぎると埋もれてしまい、効果が下がるからです。

ボタンのラベルについては、訪問者への最後の後押しになるよう”24時間以内に返信します”の表記を加え、意味のない文言になることを避けています。

これらサイト内のCTAについては、色味やサイズ・表記文言など複数回の変更/検証を行い、CVを含む各指標の改善を試みています。ボタンの色や文言を変えたらCVが10倍に!なんて魔法はありませんが、コツコツと検証を重ねることで確実に数値は改善されていきます

あなたのサイトのCTAエリア、設置した当初のままになっていませんか?
この機会に、気になる点はぜひ改善してしまいましょう!

ブログ集客で参考にしたい、CTAエリアのデザインまとめ。

ここからは参考にしたいCTAのデザイン例をご紹介します。

※一部記事下でないものが含まれますが、参考にしたいデザインケースとしてご紹介します。


ferret [フェレット]|webマーケティングがわかる・できる・がんばれる


ferret [フェレット]|webマーケティングがわかる・できる・がんばれる


コンテンツマーケティングを学ぼう!イノーバ・ブログ


コンテンツマーケティングを学ぼう!イノーバ・ブログ


CONTENT MARKETING LAB(コンテンツマーケティングラボ)


リーディング&カンパニー株式会社 | もっとクリエイティブなやり方があるはずだ。


ネット通販情報満載の無料Webマガジン「ECzine(イーシージン)」


Boxilが運営するBtoBクラウドサービス・資料紹介メディア ボクシルマガジン! |
Boxilが運営する海外・国内クラウドサービスの情報を発信するビジネスメディア


DIGIDAY[日本版] | デジタルマーケティング戦略情報メディア


Wix 公式ブログ|ウェブデザインやホームページ作成、SEOなどのノウハウ満載


THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)


Tech総研


マーケティングキャンパス | 基礎から実践までBtoBマーケティングを学ぶサイト


sogilog


株式会社アートリー ARTORY Inc.


サイレコブログ | サイバーレコード:東京、福岡、熊本の楽天、Amazonの運営代行、ホームページ作成


Go-Nextブログ | 株式会社Go-Next


ノウハウ集&コラム | SEO対策会社のユナイテッドリバーズ

まとめ

あなたのサイトで取り入れたいデザインはありましたか?
シンプルなメール登録への導線から、しっかり作りこまれたデザインまで様々ですね!

細かく変更を加え、検証を重ねるのは地道で時間のかかる作業ですが、しっかりPDCAを回せば変化は必ず表れてきます。もちろんその前に集客、さらには価値あるコンテンツありきですが、一定の流入がある状態ではCTAの改善・最適化は効果が出やすいため、必ず取り入れたい業務といえます。

ぜひこれらのデザインケースを参考に、あなたのサイトのコンバージョン改善に役立ててみてください。ではまた!

自社メディアの運用に!担当者で出来る簡単無料な品質チェッカーまとめ。

ウェブ制作でお悩みの方へ。

BILLIONPLAN JAPAN Co, Ltd

ネット通販やウェブ制作、ECサポート事業を行っている(株)ビリオンプラン・ジャパンが運営しています。ランディングページやサイト制作、自社メディアを使った集客提案、中国をはじめとする海外ローカライズ作業など幅広く対応いたします。

ウェブ制作のお悩み、ご相談ください。

ビリオンプラン・ジャパンは日本を拠点に、香港などの海外グループ会社も生かし各種サービスをご提供しています。まずはお気軽にご相談くださいませ。

または、お電話でも承ります。
 10:00 - 19:00(土日祝休み)

06-6271-7761

ABOUT ME

おむおデザイナー/編集Twitter:@BILLIONPLAN_JP
大阪在住WEBデザイナー。制作会社、EC業界でデザイナーをやった後に、ゲームアプリの世界へ。そんなにゲーム好きじゃないことに気づいてウェブに出戻り。その後ビリオンプラン立ち上げに参加。ご相談はこちらにお願いします。フェネック飼いたい。 →記事一覧
Sponsored Link

新着記事を配信しています

FacebookやGoogle+で新着記事を配信しています。よろしければ「いいね!」や「フォロー」をお願いします。

follow us in feedly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です